カワハラ雑記

カワハラの、雑多な記録。

Vivotab note 8のタッチパネルが効かないのは故障ではないらしい

   

Vivotab note 8のタッチパネルが効かなくなるという不具合

bsGreen13_motanaikioku20141123170807

この前ちらっと触れましたが、今回はwindowsタブレットのASUS Vivotab note8の不具合についてのお話です。

どんな不具合かというと、電源ボタンを押してスリープから復帰した時、指でのタッチ操作が一切できない、と言うもの。
幸い、Vivotabu note8には専用のタッチペンが付属しているので、タッチペンによる操作は可能です。

でも、タッチペンがなかったら、スリープを解除して画面は付いてるけど、何もできずに途方に暮れる事になります。
再起動もできない!
良かった、タッチペンがあって。

症状を詳しく説明すると、再起動した直後は問題なく使える。
一回電源ボタンを押して、すぐに再度電源ボタンで画面を表示した時も、大抵は大丈夫。
でも、数時間以上放置してから、電源ボタンでスリープ解除した時、指で操作できない!

先に結論を言うと、Windows10にアップデートしたら直った

これから私がやったことをくどくどと書いていくわけですが、「そんなことより早く直し方を教えろ!」という方が大半かと思います。
なので、結論から言うと、

Windows10にアップデートしたら直った!

です。

他の同じ症状が出ているVivotab note 8が全部これで直るとは思えませんが、私の場合はアップデート以降は一度も同じ症状は出ていません。

スポンサーリンク

世間ではコード10と呼ばれる症状が出ているようですが・・・

このVivotab note8ですが、世間一般では「コード10」などと呼ばれている、タッチペン関連の不具合が頻発していたようです。
Vivotab note8のタッチペンの操作を一切受け付けなくなる、と言うもので、タッチペンが最大の特徴であるVivotab note8のアイデンティティを揺るがしかねない不具合です。

だって、タッチペンがないVivotabなんて、そこら辺にあるただのタブレットじゃないの。

でも、私のVivotabは、タッチペンは健在なのに、指で操作ができない。
うちのVivotabはなんて天邪鬼なんでしょう。
タッチペンがなければただのタブレットになるだけですが、指で操作ができないタブレットなんてほとんど無意味です。

とりあえず再起動したりしてしのいでました

タッチペンで操作は一応できるので、指を使わずにタッチペンで操作してみたり、再起動したら一時的に直るので、時々再起動したりして使っていましたが。

でも流石に我慢の限界です。
不便すぎる。

I2C HID デバイスってなに?

ネットで検索してみたところ、同じ症状が出ている人はいるようで、これが発症するとデバイスマネージャーの「ヒューマンインターフェイスデバイス」の中の「I2C HIDデバイス」に、ビックリマークが出ているとのこと。
見てみると、確かに出ています。

それで、この項目を右クリックして「無効」→「有効」としたら直るとのこと。
やってみたら確かに直ります。

でも、しばらくしたらまた指に反応しなくなるし、メリットは再起動するよりちょっと早いくらいですね。
いや、デバイスマネージャーを呼び出すのがそもそも面倒なので、再起動したほうが早いかもしれません。

ASUSに電話だ!

もう我慢できない私は、修理してもらおうと製造元であるASUSのサポートに電話しました。
幸い、今年の1月にVivotabを買ったので、保証期間内です。

この前の、SIMフリースマホのZenfone2 Laserの電源がしょっちゅう落ちる件は、結局故障じゃなかったですが、こんどこそ故障ですよね?
だって、操作できないんだから。
故障ですよね?

この前Zenfone2 Laserの時もサポートに電話しましたが、その時と同じくすぐに繋がりました。
ここで待たされると妙にイライラするので、これは助かりますね。

で、一通り症状を説明し、「では、修理のためこちらにお送りください」と言う流れになると思っていました。

でも現実はそうじゃなかった。

ASUSさんが言ったことを要約すると、「それは故障じゃないから、修理はできません」と言うこと。

え?故障じゃないの?

タッチペンがなかったら操作できないのに?

ASUSの言い分

  • ASUSでもその症状は確認している。
  • 使い始めてしばらくは問題なかったと言うことから、Windowsアップデートの影響と思われる。
  • ディープスリープから復帰時に、その症状が出る。
  • 長い時間使わない時は、その都度電源を切ってください。
  • 端末を初期化して、アップデート前に戻すと直ると思う。

とのこと。

ディープスリープという言葉も初めて聞きましたが、使わない時は電源を切れって?
それ面倒くさくない?

自分でどうにかするしかない

Windowsアップデートを元の戻すのも面倒だし、そもそもやり方も知らないし。
とりあえずやり方だけ調べておくか、と思っていましたが、ふと思いついてVivotabの現在のアップデートの状況を確認してみました。

すると、どうやらここ数ヶ月アップデートが滞っていたようです。
てっきり、最新の状態に保たれているとばっかり思っていました。

先ほどのASUSのサポートのお話では、Windowsアップデートの絡みでタッチパネルが反応しなくなるとのこと。 じゃあ、この滞っていたアップデートを適用したら、ひょっとしたら直ったりしない?
と思ってやってみました。

なんか直った。

Windowsアップデートを早速実施し、様子を見てみました。
スリープ状態にして、数時間放置して、電源ボタンを押してスリープから復帰させて、指で操作してみると・・・

なんか直ってるっぽいです。

アップデート前は数時間後に使おうとすると、確実に指で操作できませんでしたから。

この時OSはWindows8.1だったんですが、ご存知のようにWindows10への無料アップデートが実施できます。 私もそろそろWindows10へアップデートしようと思っていたので、この後すぐにWindows10にアップデートしました。

Windows10にした後も、特にタッチパネルに問題は発生していません。

まとめ

これは確実に、修理に出さないといけなと思っていました。 でも、アップデートしただけで直るという結果に。
なんか、あっさりと直ってしまって拍子抜けです。

しばらくの間、「指で操作ができない」と悩んでいた期間が本当に無駄ですね。
さっさとアップデートしておけば良かったです。

スポンサーリンク

 - IT関連