カワハラ雑記

カワハラの、雑多な記録。

肉球の匂いのハンドクリーム発売。あれ?どんな匂いだったっけ?

      2015/09/02

f7e23dc45b28e86bfb3df08dcd4a827d_s.jpg

肉球の匂いのハンドクリーム発売

ちょっとショッキングな商品が発売されました。
なんと、猫の肉球の匂いのするハンドクリームだそうです。
はじめ聞いた時、猫の肉球用のクリーム?と勘違いしそうになったんですが、このハンドクリームは人間用です。

blog_nikukyuhandcream_1.jpg
http://www.nekobu.com/blog/2015/04/post-571.htmlより引用

問題のものは、フェリシモ猫部より発売される 「猫の肉球の香りがするハンドクリーム(人間用)」。
お値段は1個1050円です。

猫の肉球は、ポップコーンみたいな匂いがするそうで、このハンドクリームもそんな感じの匂いを忠実に、かつ不快にならない程度に再現しているそうです。
ハンドクリームの品質は、保湿も考えられたしっかりしたもの。

実際にはまだ予約を受付けている段階で、9月に注文者に発送されるそうですが、猫好きの考える事はわけわからないですね。
いや、いい意味でですよ。
私も猫好きとして、この商品は非常に気になります。
買いませんけど。

それにしても、猫好きの一部の層には、自分も猫になりたい願望があるのでしょうか。

スポンサーリンク

肉球の匂いと聞いて、いまいちぴんとこなかった。

この猫の肉球ハンドクリームの発売の知らせを聞いて、何がショックだったかというと、私は猫大好きだと自分で思っていたのに、肉球の匂いを知らなかったということです。
こんな匂いのハンドクリームが発売されるということは、世の猫好きにとっては、肉球の匂いは常識的なことで、共通認識であるということではないでしょうか。
しかし、この匂いを知らない私は猫好きを名乗ってもいいのだろうか。
そんな葛藤が生まれました。

猫の匂いと言えば、私は体の匂いばかり嗅いでいて、肉球の匂いは完全に盲点でした。
猫の体の匂いは、これといった特徴はないですが、なんか落ち着きますよね。

現在家庭の事情で猫は飼っていない。

家庭の事情というのは、「嫁が猫を嫌い」と言う、単純にして一番厄介な理由です。
猫を飼っていないので、肉球の匂いを簡単に確認することも出来ません。

最後に猫を飼ってから、思えばもう15年以上たっています。
そろそろ、猫と生活を共にしたいと思っているのですが。

そこで、今1歳と3歳の息子がいるのですが、猫が好きになるように洗脳中です。
いや、洗脳じゃなくて教育中です。
ペットショップに連れて行っては、「猫かわいいねー」と言い続け、今では自分から「ねこかわいいー」「ねこさわりたーい」と言うまでに成長しました。
他には絵本「11ぴきのねこ」シリーズを読み聞かせたり。

もうちょっと大きくなったら、「猫飼いたーい」と子供が言い出すはずです。

でも嫁は猫が嫌いですが、ハローキティは大好きだし、絵本「11ぴきのねこ」も好きです。
キャラクターの猫は好きでも、本物の猫はそんなに好きじゃないって感じでしょうか。
本物の猫でも、子猫はかわいいと言うので、その辺が突破口になるかもしれません。

まとめ

自分が常識だと思っていることは、世間の常識とは乖離しているということもある。
ということを認識させられた一件でした。

世間では肉球の匂いは常識でも、自分の中にその常識はなかったということです。
視野を広くもって、生きていきたいものですね。

あと、どうにかして猫を飼いたいですね。

スポンサーリンク

 - 動物