カワハラの、雑多な記録。

【Eachine E011】2000円以下のドローンなのに超楽しい!とりあえず買って損なし!

   

子供が「ドローンが欲しい!」って言うんで、安いドローンを買ったんですよ。
それが超楽しい!
子供そっちのけで私が楽しんでいます。

「安いって言っても結構するんでしょ?」とお思いのあなた、それがお値段たったの1,780円なんです!

驚きの2000円以下。
「とりあえずドローンに触れてみたい!」って人は、とりあえず買って損しません。

なぜこのドローンを買った?

私が買ったのは中国製Eachine E011と言う機種。 なぜこの安価なドローンを買ったかというと、冒頭に書いたように子供(6歳)が「ドローンがほしい」と言い出したから。
調べてみたら、1万円前後のトイドローンで結構しっかりした作りのが多いみたいということが分かりました。
「DJI Tello」とか評価が高いようです。

なんとか室内で飛ばせるサイズみたいですし、「良いかも」と思いながらさらに調べていくと2,000円くらいで売られている超小型のドローンがあったんですね。
ただの安いおもちゃかと思いきや、このジャンルなかなか奥が深そうです。
なんでも「Tiny whoop(タイニーフープ)」と呼ばれるジャンルがあり、このような超小型のマイクロドローンが使用されるとか。

この記事でもちょろっと書きましたので、興味のある方は御覧ください。

マイクロドローンがなんか面白そう!と思って、最終的にEachine E011を購入するに至りました。

Eachine E011のスペック、特徴

なんと言っても特徴は、とにかく小さい!
手のひらにすっぽり収まるサイズ。

外観上の特徴として、レゴ(っぽい)人形(ミニフィグ)が付属していてドローンに載せられる点。
なぜドローンとミニフィグを組み合わせたのかは謎ですが、レゴ好きとしては見逃せません。
手持ちのレゴを使ってカッコよくカスタマイズできたりするんじゃないの?
あんまり重くなったら飛べなくなりますけど。

飛行時間 5分位
飛行重量 約35g (本体 21g、バッテリー 9g、レゴっぽい人形 6g)
カメラはついてない
多少ぶつけてもまず壊れない頑丈さ
6軸ジャイロで安定飛行

付属品

  • ドローン本体
  • リチウムリポバッテリー 3.7V 35C 260mAh
  • プロポ(操縦用リモコン)
  • レゴっぽいミニフィグ
  • 充電用USBケーブル
  • 予備プロペラ1セット(4枚)
  • ドライバー(プロポの電池蓋開けるために使用)
  • マニュアル

必要なものは一通り入っていて、これだけ買えば遊べるフルセットになっています。(プロポ用の単4電池だけは別途必要)

プロポは購入時にモード1、モード2か選べる

ラジコンヘリとか飛行機、ドローンの操縦時に手に持つコントローラーを「プロポ」と言います。
これにはモード1とモード2があり、E011は購入時にどちらかを選択することが出来ます。

プロポの左右のスティックの役割がモードによって違うんですが、どちらが優れていると言うものでもないので慣れている方を選びましょう。
ドローンとか初めてで、どちらも触ったことない!って人は「モード2」を選んどけば良さそうです。

日本のラジコン界ではモード1が主流でしたが、ドローンの本場である海外ではモード2が世界標準となっています。
なのでこの先に他のドローンを買うとき「モード2しかない」と言う状況もありそうですので、最初からモード2で慣れとけばいいんじゃないでしょうか。

ちなみにこのプロポ、手の大きい人には小さく感じるかもしれません。
本格的なラジコン用のプロポを別に用意して使えたりするみたいです。
私はそんなに手が大きくないので、今のところこれで充分楽しめてます。

バッテリー交換可能

割と重要なことですが、このドローンはバッテリーを交換することが出来ます。
一回の充電でのフライトは5分程度なので、バッテリーを交換することで続けて飛ばせます。
私は交換バッテリーを注文したら届かないと言う出来事があったので、予備なしで頑張っていますが。

おもちゃ屋で売ってる日本製の安いドローンはバッテリーを交換できないものも多いんじゃないでしょうか。
安全のためや、改造しにくくするために基板が見えないようにボディに隠されています。
一方このE011は良い意味でゆるいです。
上部のカバーを外せば基盤がすぐにむき出しになります。

バッテリーの交換も、底面のコネクターを外して、バッテリー収納箇所から引き出すだけ。
ドローンの電源スイッチというものはなく、バッテリーのコネクタを基板に差し込んで通電させたら電源ONと言う割り切った設計です。

E011の操縦は簡単?

操作がめっちゃ簡単!ってわけではなく、程よい難しさがあります。
高度や位置を自動で保持してくれる機能がないので、同じ位置でホバリングするためには自分でスロットル等の微調整が必要になります。

E011を手に入れて、子供に与える前にとりあえず自分が練習することにしました。
だって、正しい飛ばし方を教えることが出来なければ子供もちゃんと遊べないじゃないですか。
まあ、本心は自分で飛ばして楽しみたいという方が大きいですが。

練習として自宅のリビングで何回か飛ばしましたが、すごい楽しい。
最初は思ったより(思ってたとおり?)難しいです。
一定の場所でホバリングなんて無理。
上昇しすぎてすぐに天井にぶつかったり、ぶつかりそうになってスロットルを緩めたら墜落したり。

でも、何回もフライトしてるとちょっとずつ慣れてきて、かろうじて空中に浮遊した状態を保てるようになります。
モード2のプロポなので左レバーがスロットルと左右旋回になってるんですが、スロットルを一定に保ちながら旋回が難しいです。
旋回すると、スロットルも動いてしまって上へ下へと不安定に。
それもしばらくすると慣れてきて、室内を思ったように飛ばせるようになります。

と言っても、レースの動画にあるような輪っかをくぐる、みたいな操作はかなり難しいです。
まだまだ練習して上達する余地があるってことですね。
繊細な操作をするためにはもっと良いプロポが必要なのかも。
どうすればうまくいか、いろいろ考えてみるのも楽しいものです。

不具合も多少ある

残念ながら不具合がまったくないわけではありません。
スロットルを微調整してホバリングしてると、ゆっくりと左に旋回してしまいます。
個体差かもしれませんし、これを不具合と言っていいのかは分かりません。
モーターに髪の毛などが絡まってたらこういう症状が出るという情報を見つけて、確認してみましたが異常はなく。

まあ、勝手に左に回るのを手動で右に直してやればいいですが。

他にも、飛行中まれにプロペラが外れて墜落することがあります。
プロペラはモーターに差し込んでいるだけなので高速で回転しているうちに抜けてくるんでしょう。
1つでもプロペラが外れたら即墜落します。

でもまあ、2000円以下のドローンですからね。
少々のことは許せます。

子供に与えた結果・・・

さんざん自分が楽しんだ後、欲しいと言っていた張本人である息子(6歳)に与えてみました。
そしたら大喜びで遊んでました。
4歳次男も、早く遊ばせろと大騒ぎ。
予備のバッテリーはないので、1回のフライト5分間の後は充電を待たないといけないのがもどかしい。

でもやっぱり、まともには飛ばせないですね。
浮いたと思ったら天井に一直線に吸い込まれた後墜落したり、地面を這いつくばるように動かしてみたり。

全然飛ばせてないのに何が面白いんだと思いますが、まったくお構いなしに全力で楽しんでます。

こんな面白いおもちゃが2000円以下で買えるなんて、私が子供の頃には考えられませんでした。
とんでもない価格破壊です。

2日後に壊れた。


最初に与えた次の日、今日も遊ばせろと言うので提供しましたが、しばらくするとスロットルを開けるとすぐにひっくり返ってるのに気づきました。
なんかおかしい。

観察してみると、モーターの一つが回らなくなっていました。
本物のジェット機はエンジンが一つくらい壊れても墜落しませんが、このドローンは4つのモーター(プロペラ)のうち、一つでも回らないと一切飛べません。

モーターはコネクタ接続なので、隣のモーターとコネクタを入れ替えてみました。
そしたら、やっぱりそのモーターが回りませんでした。
つまり、単純にモーターが故障したと考えて良いでしょう。

パーツ単位で売ってるので故障しても心配無用

このEachine E011はパーツをバラで販売しているのが特徴です。
フレームや基板(フライトコントローラー/FC)、プロペラ、プロポ、レゴ風のミニフィグまで単品で売っています。
そしてもちろんモーターも。

モーターは基板とコネクタで繋がっているので、はんだ付けすることなく簡単に交換できます。

レースとかやってる本気の人たちにとってはモーターは消耗品みたいなので、より高性能なモーターに変えてみるってのも楽しみの一つですね。

Eachine E011はどこで買える?

Eachine E011がどこで購入できるか、ですが中国のショッピングサイト「Banggood」や「Aliexpress」にて購入できます。
amazonでも一応売ってましたが、やたら高値だったので現実的じゃないです。

海外のサイトとなると敷居が高いと感じるかもしれませんが、実際に買ってみたらAmazonで買うのとそんなに変わりません。
クレジットカード番号を登録するのが心配な人は、Paypal決済ができるBanggoodがおすすめです。

この商品は現在取り扱いされていません

トラブルが起きた時は最低限の英語力が必要になるかもしれませんが、Google翻訳で案外なんとかなります。

まとめ

モーターが壊れて、交換用のモーターはまだ買っていませんが、ついでにもう一機買おうかと思っています。
予備のバッテリーとかも。

フルセットでも2000円以下で買えますし、交換部品も供給されててメンテナンスもばっちり。
大人もハマるこのドローンは買って損なしです!

 - その他