カワハラの、雑多な記録。

初めてヤフオク出品する人がまず決めておくべきこと

      2017/05/09

yahoo-auctions-logo

この度、家に転がっていた不用品をヤフオクに出品して処分しました。
私にとって初めてのヤフオク。
不用品をヤフオクに出品して処分したいと言う場合、ある程度計画的に実行しなければ、ちょっと損してしまうかもしれません。
これから初めてヤフオク出品してみようという人に、ちょっとした注意点なんかを解説したいと思います。

リサイクルショップに持っていくと、二束三文にしかならない!

家にある不用品を処分する時、本当にゴミみたいなものは捨てるしかありませんが、まだ使えそうなものなら売ったほうがお得です。
そんな時にまず思いつくのがリサイクルショップ。

不要なものを買い取ってくれてありがたいですが、はっきり言ってこういうところに売ると二束三文にしかなりません。
私も何度か利用したことがありますが、新品で買うと2万円位するキーボード(楽器)が300円でした。
もっとも液晶表示が点灯しないと言う、半故障状態だったのもありますが。

リサイクルショップでは値段が付かない品も結構あります。
つまり0円。

値段がつかないものも引き取ってくれたりするので、今すぐ不用品をどうにかしたい!と言うときには便利ですけどね。
リサイクルショップへ持っていく時は、「タダであげてもいい」くらいの覚悟が必要です。

スポンサーリンク

リサイクルショップで買い取ってもらえなかったものが6000円近くに!

リサイクルショップは実店舗の維持や従業員の人件費がかかるので、あまり高く買い取れないのは仕方がないところ。
買い取った品を売る時も、来店したお客さんにしかアプローチ出来ませんので、買い取った品が売れ残るというリスクもあります。

ところがリサイクルショップの一店舗に訪れる人に比べて、ヤフオクは見ている人の数が違います。
ヤフオクにアクセスしてくる人が具体的にどれくらいかは知りませんが、日本中の人が誰でも見ることが出来るんですから、きっと多いでしょう。

そういう人たちに、リサイクルショップという中間マージンなしで直接ものを売ることが出来るので、遥かに高い値段で売れるのは当然のことです。

私の実例では、嫁がもう使わなくなったプラダのバッグがあったんですが、リサイクルショップでは買い取りを断られました。10年以上前に買った、かなり古いものだったし。
もう使わないけど、元が結構な値段する品なので、捨てるのも惜しい。
今回このバッグをヤフオクに出したところ、6000円近くの値段がつきました!
リサイクルショップで0円だったのが6000円!

良かった。ヤフオクに出して。

嫁がゴミだと思っていたものが6000円以上に!

IMG_5519

他の例では、私が10年位前に買った「ガソリンストーブ」。
最近は使うことなくずっと収納に眠っていました。
ガソリンストーブが何か分からない人もいるかもしれませんが、お湯を沸かしたりするためのキャンプ道具です。

私が溜め込んでいる訳の分からないガラクタ、つまりゴミだと嫁は思っていたようです。
収納を整理してた時に、これはもう使わないし、捨てようかな?と私さえも思ってしまいましたが、これも売れるのでは?と思いヤフオクに出品。

そしたら最終的に6500円で売れました!
10年くらい前に、新品12000円で買ったものです。
こんな古い中古品になんで元値の倍以上の値段が付くのか私もよく分かりませんが、まあなんか良かったです。

ちなみにこの品は、こういうのが好きな人にとっては有名なメーカーの品物です。
やっぱり有名なメーカーの品や、ブランド品は売れやすいと感じました。

Yahoo!プレミアムに加入する月の1日に入会し、その月に売り切る!

ヤフオクに出品するにはYahoo!プレミアムに登録しないといけません。
そしてこのYahoo!プレミアムは有料のサービスとなっています。
月額462円(税抜き)
税込だと498円です。

注意しないといけないのは、この会員費は日割りではないということ。
その月に1日でも加入していたら、丸々1ヶ月分請求されます。
つまり1月31日に入会、2月1日に退会すると、入会していた期間が2日間にも関わらず2ヶ月分請求されてしまうというわけです!

なので節約したい方は例えば、2月にヤフオク出品すると決めて準備しておき、2月始めに入会、2月中に出品したいものを売り切る!
そして3月になる前に退会と言う流れが良いんじゃないでしょうか。

一気にやれば1ヶ月間で不用品はだいたい処分出来るかと思います。

会員登録はこちら Yahoo!プレミアム

Yahoo!プレミアムに登録している期間をムダにしないために、次に説明することもある程度準備しておくと良いかと思います。

ヤフオク出品初めての人は発送方法を先に決めておくとスムーズ

出品する時に発送方法などを決める必要があります。

送料負担を「落札者負担」か「出品者負担」か選ぶことが出来、出品者負担の場合は送料(箱のサイズ、重さ)を入力する必要はありません。
でも、ヤフオクでは「落札者負担」が多いように思いますので、迷ったら「落札者負担」で良いんじゃないですかね。

送料が落札者負担の場合次の3つの選択肢があります。

  • 出品時に送料を入力する
  • 落札後に送料を連絡する
  • 着払いで発送する

落札して買う人の立場で考えると、送料が始めから分かる「出品時に送料を入力する」が安心なので入札のハードルが下がるかと思います。
これを選択すると、発送する箱のサイズ、重さを入力しないといけません。
これにより送料が決まり、落札者は送料がいくらになるか、入札前に把握できます。

なので出品する時には、発送する品物をどの箱に入れるかまで決めておき、箱のサイズ、重さが分かっていると後がスムーズです。
発送する時になって、想定より箱のサイズが大きかったり、重かったりして送料が余分にかかったりしたら損するのは自分ですから。

発送方法ははこBOON、ヤフネコパックが便利!

hako-boon-logo

ヤフオクを始める前に私が心配だったのが、荷物の発送方法。
宅配便で送る場合、ヤマトとかの営業所にわざわざ行かないといけないの?とかゆうパックで送るにしても、一番近くの郵便局は私の行ける時間には開いていません。

でも大丈夫でした。
落札された商品はコンビニからでも送ることが出来ます。

商品の発送方法は定形外郵便、ゆうパックなどありますが、実際にやってみたらコンビニから送れる「はこBOON」と「ヤフネコパック」が便利だと思いました。
なんか聞きなれない名前ですが、私もヤフオク出品するにあたって初めて知りました。

はこBOONは荷物の重さで送料が決まるシステムで、実際の配送はヤマト運輸が行います。
コンビニのファミリーマートに荷物を持ち込むことで発送できるので便利!
私の家から歩いて1分の所にファミマがあって良かった。

ヤフネコパックは、「ネコ」って名前につくことから、想像通りヤマト運輸と提携しているサービスです。
はこBOONもヤフネコパックも、どちらも結局ヤマト運輸!
こちらはファミリーマート、サークルK・サンクス、ヤマト運輸の営業所で発送することが出来ます。

はこBOON同様、ファミマにあるタッチパネル式の端末で操作して受付をしますが、その端末には「ヤフネコパック」とは書いてないので、注意。
「ヤフオク」って書いているので分かるとは思いますが。

コンビニでの操作方法はこちらを読んでから行くと現地でスムーズかと思います。

はこBOON Famiポート操作方法

ヤフネコパック出品者のご利用の流れ

仕事している人は24時間開いてる近くのコンビニで発送できるというのがすごい便利に感じるかもしれません。

値段が安い小物は定形外郵便が送料が安くて便利です。
定形外郵便は、重さを測って、料金分の切手を貼ってポストに入れれば届きます。
料金は下記のページを参照してください。

定形郵便物・定形外郵便物の料金

でも、ポストに入らないものは窓口に持っていかなければいけません。
私の場合、家から一番近い郵便局は土曜は開いていないため、定形外郵便の発送だけは嫁に頼みました。

また、はこBOONやヤフネコパックと違って保証がないので高額な商品を送るのはためらわれます。

その他、出品時に必要な作業

他に大事な作業があります。

  • 商品の写真を撮る
  • タイトル、説明文を考える

写真は出来るだけキレイに撮りたいですね。
カメラは一眼レフでライティングもしっかりやって、って出来れば一番いいですが、スマホでもなんとかなるかと思います。
写真がキレイじゃないから売れないってこともないでしょう。

写真を撮影する時に気をつけることを一つだけ挙げるとしたら、「明るいところで撮る」です。
画像が暗くて商品の状態がよく分からない、というのが一番ダメですよね。
明るいところで撮ればなんとかなる場合が多いです。
夜の電灯をつけただけの室内は、写真を撮るにははっきり言って明るさが足りません。
電気スタンドなどで照明を追加するか、昼間の明るい時に撮ったほうが良いでしょう。

オークションのタイトルと説明文も大事です。
ヤフオクで買いたい人が商品を探す時、欲しい商品に関係あるキーワードで検索するはずです。
そのキーワードを説明文やタイトルに入れておかないと、検索に引っかからず誰にも気付いてくれないまま終わってしまうかもしれません。

具体的には商品のメーカー名や型番、色や形など、検索する人が打ち込みそうなことはとにかく書いておきましょう。

商品の状態、傷があるとか、動作に問題はないとか、ジャンク品であるとか、新品か中古かなど、自分が買う場合に知りたいと思うことも書いておくと、買いたい人も安心して入札できます。

まとめ

自分にとって不用品でも、それを欲しいと思う人は案外いるものです。
出品者は不要なものを処分できて家もスッキリ、落札者は安く買えて嬉しい。
ヤフオクは素晴らしい仕組みですね。

あと、普通に出品していれば自分に良い評価が付いていきます。
落札者から感謝の言葉を貰うこともあり、そういうのも結構嬉しかったりします。

さあ、出品の準備ができたらYahoo!プレミアムに登録を。

会員登録はこちら Yahoo!プレミアム

スポンサーリンク

 - その他