カワハラ雑記

カワハラの、雑多な記録。

GIMPでペンタブ使用時の描画位置とカーソルのズレはPortableを入れたら直った!

   

無料で使えるオープンソースのペイントソフト「GIMP」を愛用しているわけですが、最近困ったことが起こりました。

しばらくバージョンアップしていなかったので、ふと思い立って公式サイトから最新版のGIMP 2.8.18をダウンロードしてインストールしました。

そうしたら、ペンタブレットがうまいこと動いてくれない!
さっきまで動いてたのに!

その後、1時間余の時間を消費して、なんとか解決に至った経緯をお話したいと思います。

使っているペンタブレットとOS

ちなみに私の環境ですが、PCはWindows7 Professionalの64bitで、ペンタブレットがプリンストン PTB-STRP1です。

このペンタブレットもなかなかの曲者で、ちょっと前にはGIMPとかペイント系のソフトではきちんと使えるけど、それ以外、エクスプローラーとかブラウザとかをペンタブレットで操作しようとしたら一切出来ない、と言う現象が発生しました。
色々試したけど上手く行かなくて諦めてましたが、しばらくしたらなんか直ってました。

ペンタブ自体がなんか色々おかしいのかもしれません。

スポンサーリンク

GIMPで筆圧を感知してくれなかった

GIMPをインストールしてペンタブレットを接続し描いてみると、線は引けるけど筆圧の感知がどうも効いていません。
インストール直後はどうも、ペンタブレットの筆圧感知は無効の設定なようです。
こういう時は、慌てずに設定を変更すれば、OKです。

メニュー「編集」→「入力デバイスの設定」
と進むと、

  • Core Pointer
  • Waltop Tablet Pressure Stylus

と言うのがありますが、ここはおそらく後者の「Waltop Tablet Pressure Stylus」をいじったら良さそうです。
Tabletだし、Pressureだし、いかにもそれっぽいですね。
適当に弄ったらなんとかなるだろと、この時は思っていました。

「Waltop~」を選択し、「モード」と言う項目には次の3つの選択肢があります。

  • 不可
  • スクリーン
  • ウィンドウ

input-device-setting

最初「不可」だったので、筆圧の感知が効いていなかったっぽい。
ここを「スクリーン」にしてみます。

そしたら、筆圧は感知できるようになりました。

そう、「筆圧」だけは。

カーソルからずれたところに線が引かれる!

筆圧は感知して線の太さが変わるんですが、もっと根本的におかしなことになって、まったくもって絵を描ける状態ではなくなってしまいました。

画面上にカーソルは表示されているんですが、実際に線が引かれるのはカーソルからかなりずれた位置。
しかも、ペンを縦に動かしているのに、線は横に引かれています。
これでは思ったように絵が描けるわけもないですが、この状態でも筆圧は感知されているようで、線の太さが筆圧に応じて変わっています。

図で再現するとこんな感じです

saigen

さっき「スクリーン」にしたところを「ウィンドウ」にしても同様に、上手く使うことが出来ません。
「不可」にしたら、思った位置に線が引けるけど筆圧の感知ができない…

GIMPのメニューやツールのアイコンとかはペンタブレットで押せるし、GIMP以外のソフトも普通に操作できる。

絵だけ描けない。

なぜ?

何やっても直らない!

GIMPを再起動してみたり、Windowsを再起動してみたり、ペンタブレットのドライバをアンインストール後インストールしてみたり、色々やってみましたが、全然直りません。

GIMP以外のお絵かきソフト「FireAlpaca」では何の問題もなく使用することが出来ました。
ペンタブ自体は正常に動作していて、GIMP側に問題があるようです。

バージョンアップ前はGIMP Portable(ポータブル)を入れていた。

gimp-portable

GIMPには通常版の他にポータブル(Portable)版のGIMP Portableと言うのがあります。
PCにインストール必要がなく、USBメモリに入れて持ち運ぶことが出来るんですが、機能的には通常版と全く同じです。
USBメモリで持ち運ばない人でも、PCにいろんなソフトをインストールするのが嫌な人なんかは利用する価値があります。

今回GIMPをバージョンアップする前、実はこのPortable版を入れていました。
確か、通常版では日本語にした時にツールオプションの文字が消えて真っ白になってしまうみたいな不具合があり、それがPortable版では起こらなかったんです。

この時のGIMPのバージョンは2.8.2で、今回は2.8.18。
だいぶバージョンが進んでいるので、この不具合は解消されているだろうと思い、Portable版じゃない、通常版をインストールしました。

もしかして、これが原因?

アンインストール後、GIMPポータブルをインストールしたら正常に動作した!

とりあえず、今入れている通常版のGIMPは使いものにならないので、即アンインストール。
そしてPortable版のGIMPをインストールしてみました。
バージョンは通常版と同じく、2.8.18です。

そしたら、直った!
直りましたよ!

良かったと思うと同時に、なんでこんな事で無駄な時間を使わにゃならんのだという不毛な気持ちにもなりましたね。

まとめ

GIMPの通常版でペンタブが動かなかくて、ポータブル版を入れたらちゃんと使えた。
ただそれだけの話しですが、同じようにGIMPでペンタブが使えなくて困っている人がいたら、この方法を試してみてはいかがでしょうか。

どうしてPortable版だとちゃんと動いたか?
それは私にも分かりません。

GIMP Portableのダウンロードはこちらから出来ます。↓↓↓

GIMP Portable

 - その他