カワハラ雑記

カワハラの、雑多な記録。

リリースした日に初報酬!?LINEスタンプは稼ぎやすい?

      2016/11/04

LINEスタンプを制作する方法 — 目次 — に戻る

先日、私が作成したオリジナルのLINEスタンプをリリースしましたが、こんなの絶対売れないだろと思ってましたが管理画面を見てみると…

ん?売れてる?

売れてる!まじかよ!

関連記事
「川原」専用LINEスタンプを作ってみた

これは売れたってことでいいんでしょうか?

LINEスタンプ売上レポート_160808_s

これはリリースした次の日に取ったLINE CREATORS MARKETの売上レポートのスクリーンショットです。
なんか8月7日、つまりリリース日のところにぴょこんと出てますよね。
あと、8月8日(スクリーンショットを取った日)にもちょっと反応があります。

そして分配額227円。

これは、売れたってことですよね?
売れたと思って喜んでますが、実は間違いだったら結構恥ずかしいですね。

売れた数がなぜか分からない仕様ですが、1個売れたら37円前後の報酬として、初日に5個売れてるっぽいです。

スポンサーリンク

初成果までがすごく早い

こんなにいきなり売れるのにはビックリしました。
リリース初日ですよ。

私がアフィリエイトを始めた時、初めての報酬、しかもたったの68円が発生するまで4ヶ月位かかりました。
まあ、仕組みが違うので比べられるものではないですけど。

アフィリエイトでは、記事を投稿するごとにブログなどが強くなって検索結果上位に来て、露出が増えていきます。
LINEスタンプは、リリース直後は新着のところに表示されて露出が多いですが、新着から消えるとあんまり人目につかなくなってしまいますから。

このブログでもLINEスタンプをリリースしたことを書きましたが、ブログに書く前の時点で売れていました。
つまり、LINEストアーの新着か、「川原」などで検索して私のスタンプにたどり着いたと思われます。

自分が作ったものが売れるのは単純に嬉しい

スタンプが売れて嬉しい気分は、アフィリエイトで初報酬が出た時と似た気分です。
あれは、このブログを初めて4ヶ月位経った時、グーグルアドセンスの広告がクリックされて報酬68円が入りました。

会社の給料が68円上っても何の感情も沸きませんが(というかまず気づかない)、自分の作ったブログで自分の書いた記事で集客し、訪問者に広告をクリックしてもらって得た68円は、すごく重大な意味をもちます。
自分のやっていたことは間違いではなかったと、少し自信が出てきたた瞬間です。

今回のLINEスタンプは、アフィリエイト広告と違って、言ってみれば自分の作った商品です。
そういう意味では、アフィリエイト報酬を得た時とはまたちょっと違う感動がありますね。

さらにLINEクリエイターの管理画面の「統計情報」ではスタンプ1個毎の送信数、受信数が分かり。
実際に使ってくれている人がいるみたいです。
ありがたや、ありがたや。

やばい、報酬画面が気になる

実際に売れると、いくら売れたのかが気になって仕方がなくなります。
また売れてないかな?と無駄に管理画面を開いて報酬を確認してしまいますね。

確認したところでさらに増えるモンでもないのに。
時間の無駄だからやめよう。

いや、でも気になる。

1個でも売れたので私はもう満足です。

自分の作ったスタンプが売れて、嬉しいやら、恥ずかしいやら、申し訳ないやら。
いや、スタンプのプレビューを見て納得したうえで買って貰っているので、申し訳なく思う必要はありませんね。
騙してるわけじゃないんだから。

買ってくれた方、このブログは見てないでしょうけど、ありがとうございました。

まとめ

売上はそのうち頭打ちになるでしょうから、報酬を受け取れる最低額である1000円は稼ぎたい所です。
900円稼いでも、1円も受け取れなかったらもったいないですからね。

嫁の依頼で作ったこのスタンプ、嫁にプレゼントしても赤字にならない額を稼ぐことが出来たのでよかったです。
でも嫁にいくらか売れたと話すと、これは儲かると思ったのか、もっと新しいスタンプを作れと言い出しました。
いや、これ作るの結構大変なんだよ。

LINEスタンプを制作する方法 — 目次 — に戻る

スポンサーリンク

 - IT関連, その他