カワハラの、雑多な記録。

IP電話の番号取得は拍子抜けするくらい簡単だった

      2017/05/09

訳あってIP電話の番号を取得しました。
普通の固定電話の回線を引いたりするのはかなり面倒くさいですよね。
IP電話の契約も、なんだか面倒なんじゃないの?と思っていたんですが、拍子抜けするほど簡単でした!

IP電話は何に使うの?格安SIMのスマホの留守番電話として利用したい

そもそも、なんでIP電話を契約したのかというと、嫁が格安SIMのスマホで留守番電話を使いたい、と言うからです。
格安SIMを使うスマホは、ドコモとかの大手と違って留守番電話サービスを提供していないところが多いようです。

私がドコモを使っていた時も、留守番電話は使っていなかったので、格安SIMに乗り換えた時は留守番電話サービスがない事自に気付いてもいませんでした。

留守番電話を使いたいと言い出した嫁が見つけてきたのが、IP電話サービスを使って留守番電話として使うという方法。
詳しい説明は割愛しますが、格安SIMスマホからIP電話へ転送する設定にしておいて、IP電話側で留守番電話の録音を行うというものです。

スポンサーリンク

今回選んだのは楽天系が運営する「FUSION IP-Phone SMART」

FUSION IP-Phone SMARTは楽天コミュニケーションズが運営しているサービス
聞いたことない会社だったらなんとなく不安ですが、楽天なのでなんとなく安心、かも。

一番肝心の留守番電話機能がこのIP電話サービスには付いています。
IP電話のサービスはいろいろありますが、留守番電話機能がないものもあります。
留守で機能がなければ今回の用途にはまったくもって無意味です。

さらにこのサービス、使わなければ基本的に無料です。
IP電話を通して自分から発信する場合に限り料金が発生します。
しかもその通話料も、通話可能な格安SIMで電話をかけるよりも安い!

一般的な格安SIMスマホ 30秒20円
FUSION IP-Phone SMART 30秒8円

格安SIMで通話するのと比べて半値以下です。

今回の選定で特に他社と細かい仕様の比較をせずに選びました。
格安スマホで留守電する方法について調べると、どこもこのFUSIONを紹介してるし、自分からかけなければ無料で使えるし、これ以上調べるのめんどくさいしで、すぐ決定。

メールアドレスとクレジットカードがあれば申し込める

実際の申込みですが、登録自体は5分くらいで終わってしまう簡単なものでした。
適当なメールアドレスとクレジットカードがあれば申し込めます。

メールアドレスを入力して仮登録し、送られてきたメールに記載のURLを開いて本登録をします。
クレジットカードの番号とか、住所氏名の個人情報を入力すると、もう本登録完了。

え?もう登録終わったの?
って感じで、簡単過ぎて拍子抜けしてしまいました。

マイページにログインすると、自分に与えられた050で始まる電話番号が確認できます。
登録は5分程度で済みましたが、実際にこの電話番号が使えるようになるのに最大で1時間ほどかかります。
急にIP電話の番号が必要になったとしても、1時間後には使える状態になっていると思えば充分早い!

データ通信専用の格安SIMと組み合わせれば通話が可能な激安電話機に

IP電話というのは、電話回線ではなくインターネット回線を使って通話をします。
スマホアプリ「LINE」の無料通話と同じようなものですね。

つまり、通話機能の付いていないデータ通信専用の格安SIMでもIP電話を利用すれば通話可能になるというわけです。

LINEは相手もスマホにLINEをインストールして友だちになっていないと通話できませんが、IP電話なら相手の電話番号が分かれば通話出来ますし、固定電話にもかけれます。
反対に携帯電話や固定電話からかかってくる電話の着信ももちろん出来ます。

と言うことは、通話可能なSIMよりも、月額料金の安いデータ通信専用の格安SIMとIP電話を組み合わせることで節約出来ると言うことです。

例えばDMMモバイルの通話SIMの1GBプランは月額1260円ですが、データSIMの1GBは月額480円。

プラン 月額料金
データSIM 1GB 480円
通話SIM 1GB 1260円

DMMモバイルにはこちらから申し込めます↓


格安スマホなら!DMMモバイル

その気になれば480円で、電話も使えるスマホを持つことが出来るというわけです。

電話はあまりしないのでギリギリまで節約したい人や、通話ができる電話がもう1台欲しいという人にはアリかもしれませんね。

ただ、119番などの緊急通報にかけることが出来ないので、これ1台しか持っていないというのは若干不安があります。

まとめ

格安スマホとIP電話の組み合わせは、うまいことやれば節約出来そうです。
「知らないと損をする」と言うことはまだまだ世の中にありそうですね。

スポンサーリンク

 - IT関連