カワハラ雑記

カワハラの、雑多な記録。

コペンにS660 2015年は軽スポーツカーがブーム!?燃費悪い?

      2015/07/08

k001_o.jpg

ダイハツのコペンの新型が、2014年6月19日に発売され、ホンダのS660も2015年4月2日に発売されました。

両方共、軽自動車のスポーツカータイプのオープンカーです。

ぱっと見、似たような車ですがどんな違いがあるんでしょうか?

どっちもかっこいいので、気になります。

まずはコペンの特徴から

コペンのボディですが、普通の車は鋼板(鉄板)で出来ていますが、なんとほとんどがプラスチックです。

メーカーのホームページによると、

「骨格+樹脂外板」で広がったデザインの自由度。

とのことで、頑丈なフレームを採用することにより、デザイン性を高められたと謳っています。

一般的な車はモノコック構造と言って、ボディの鉄板も含めて、車の強度を確保しています。

フレームだけで強度を確保するより、軽量化出来たり、車内を広く出来たりします。

コペンはスポーツカーに必要な高剛性な車体とするために、このような構造にしたってことですかね。

このプラスチックの樹脂外版ですが、なんとスマホのカバーのごとく着せかえが可能!

と言っても、家で気軽にできるようなものではなく、ディーラーに持ち込んでってことみたいです。

どこかに擦って傷をつけてももう安心?

スポンサーリンク

S660の特徴

名前からして、かつてホンダが発売していた2シーターオープンスポーツカー「S2000」を意識しているんでしょうか。

S2000は排気量2000ccに対して(2200ccのもあるけど)、S660は軽自動車なので660cc。

分かりやすいですね。

エンジンのレイアウトはMR、ミッドシップレイアウトです。

スポーツカーはFR(フロントエンジン、リアドライブ)と言って、エンジンを前において、後輪が駆動輪になっているものが多いのですが、MRは運転席よりも後ろにエンジンを置き、後輪を駆動させます。

F1カーなんかもMRレイアウトで、前後の重量バランスが良くなったりします。

MRと聞くと、かなりスポーティーな印象を受けますね。

エンジンが後ろ寄りにあるので、普通の車のトランクルームの位置がエンジンルームとなっています。

トランクのつもりで後ろを開けると、エンジンが入ってるので、知らない人はびっくりします。

ということは、荷物を積む場所が殆ど無いってことです。

ざっくりとしたスペックはこんな感じ。

コペン S660
燃費(MT) km/l 22.2 21.2
燃費(CVT) km/l 25.2 24.2
最高出力(ネット)kW[PS]/rpm 47[64]/6,400 47[64]/6,000
最大トルク(ネット)N・m[kg・m]/rpm 92[9.4]/3,200 104[10.6]/2,600
全長 mm 3395 3,395
全幅 mm 1,475 1475
全高 mm 1,280 1180
室内長 mm 910 895
室内幅 mm 1,250 1215
室内高 mm 1,040 1020
ホイールベース mm 2,230 2285
トレッド前 mm 1,310 1300
トレッド後 mm 1,295 1275
最低地上高 mm 110 125
車両重量 kg(MT) 850 830
車両重量 kg(CVT) 870 850
乗車定員 名 2 2
ルーフ開閉 電動 手動

これだけ見るとあんまり違いが分かりませんね。

S660の方が、トルクが若干大きいので、出だしが速いかもしれません。

車を選ぶ時に誰もが気になるのが燃費

スポーツタイプの車だったら、燃費が悪いんんじゃないの?と思ってしまいますが、

コペン 25.2km/l

S660 24.2km/l

と、燃費が30km/l超えの軽自動車も珍しくない昨今から見ると、良いとはいえませんが、それほど極端に悪くもないんじゃないでしょうか。

街乗りで、実質10~15km/lくらいですかね。

一昔前の、あまり燃費の良くない軽自動車よりは良いと思います。

それにしても、昔はMT(マニュアルトランスミッション)の車のほうがAT(オートマ)より燃費がいいのが普通でしたが、今はAT、特にCVTの方がいいのが普通になりましたね。

ちなみにコペンのMT仕様は5速に対し、S660のMT仕様は6速。

色々総合してみると、双方とも二人乗りで実用性重視の車ではないながらも、コペンはゴルフバッグが入る大きさのトランクがあるなど、最低限の普段使いが考慮されています。

一方、S660は荷物はほとんど載らない、6MTまたは7スピードモード付きCVT、コペンよりも低重心、前後バランスの良いMRレイアウトなど、より走りに特化した車に仕上がっています。

似たようなジャンルの車ですが、結構性格は違うみたいなので、割とうまく住み分けできるのかなー、なんて思います。

スポンサーリンク

 - 車関連