カワハラ雑記

カワハラの、雑多な記録。

コペン、S660比較_軽自動車だけど速いのか?

      2016/01/14

やっぱりパワーはない

かっこいいスタイリングでスポーティーなイメージのあるのコペンとS660ですが、所詮は軽自動車。
実際速いんでしょうか? 絶対的なパワーは、やっぱり軽自動車なので普通車にかないません。
軽自動車と言うのは、メーカーの自主規制があり、エンジン出力が64psを超えられないんです。
コペンやS660もこの自主規制値に準拠していて、出力は共に64ps。
psっていうのは「馬力」です。
64馬力ってことですね。
つまり、信号待ち後の加速なんかでは特別速いってこともないと思います。
こういう直線的な加速を楽しみたい人は、そもそも軽自動車を選ばないでしょうけど。

状況によっては速い、かも?

でも、状況によってはこの2台、かなり速い場合もあるかもしれません。 下りの峠なんか、普通車のスポーツカーより、コペンやS660が軽量ですから、うまい人が運転したらかなり速い気がします。

コペンのエンジンはターボもついてるので、高回転までエンジンを回せばそれなりに走りそうです。
S660はF1と同じMR(ミッドシップ)レイアウトなので、軽快なハンドリングでコーナーをクリア出来るんじゃないでしょうか。

S660が100psになるという噂があった

S660には発売前、実は100psになるのでは?という噂があり、期待されていました。
軽自動車の自主規制は64psですが、あくまで自動車メーカーの自主規制。

別に法律で決められているわけでもないので、これを超えてももちろん罰則があったりするわけでもありません。
こんな自主規制があるのは世界的に見ても日本だけなので、近々撤廃されるのでは?との声もありますが、残念ながら今回のS660は従来の自主規制値のまま。

でも、コペンやS660は改造により簡単に出力を上げられます。
コンピュータにより、出力が64ps以上でないように抑制されているので、このコンピュータを交換することで80ps程度は簡単に出るようになるそうです。
もともと、80ps程度の性能のエンジンということなんですね。

スポーツタイプの車によく言われることですが、速さよりも「走る楽しさ」ってのが大事ってことですかね。
乗った人の評判を聞くと、この2台には、その「走る楽しさ」が十分に詰まっているんじゃないかと思います。

車重の軽さは正義

スズキのアルトターボRSも最近発売されて、スポーツ路線でアピールしてるみたいです。
コペンやS660より、ぶっちゃけこのアルトターボRSのほうが速いという意見も。
車両重量が

コペン 870kg
S660 850kg

に対して、アルトターボRSは670kgと圧倒的に軽いです。
同じ軽自動車、エンジンのパワーは似たようなものなので、単純に軽いほうが速いですよね。

アルトターボRSに比べて、コペンやS660は重心が低いため、コーナリングでの安定感なんかは優れているとは思います。
あと、アルトターボRSは、コペンやS660に比べて、見た目があんまりかっこよくない、という点が致命的に問題かもしれません。






スポンサーリンク

 - 車関連